レーザー治療

Laser

今までの治療にレーザーを
「プラスする」ことでより良い結果を

レーザー治療は、ある一定の波長からなるレーザーを患部に照射することで、その光や熱によってさまざまな治療的効果を実現する方法のことです。

当院では、最も安全性が高く、身体に優しい「炭酸ガスレーザー」を導入しており、様々な治療時に、効果的、プラスα的に使って、より良い結果が得られるよう工夫しています。

炭酸ガスレーザーの得意な効果としては、次の3つです。

  1. 痛みを和らげる
  2. 傷・炎症を早く治す
  3. 免疫能力を高める

このような効果が期待できると判断した範囲で活用しております。

レーザー治療に対する誤解

「痛くない治療」「削らない治療」「なんでも治せる最新治療」・・と画期的な最先端の治療機器とイメージされている方も少なくありませんが・・

レーザーは、安全性が高く、身体にも優しく、負担を少なくすることができるスグレモノです。
妊娠中の方やアレルギー体質の方にも安心して使用できます。

当院では、インプラント治療や虫歯治療、審美治療にも、日常的に使用している優秀な機器です。

ですが、万能なのではありません。何でもかんでもレーザーを使えるわけではありませんし、治るわけではありません。

治療・処置というのは、レーザーを主体として行なうのではなく、どの治療もその根本原因を取り除く基本的な治療が必要です。

当院では、レーザーはあくまでも、枝葉として、治療にプラスし、「補助的に」使用し、より良い結果に導くものと考えて使用しております。

レーザーを使用する主な治療例

歯ぐきや歯に対しての処置(抜歯・歯肉切開・インプラントなど)

殺菌・消毒・止血効果やコラーゲン新生を促進する効果があり、治る期間を早めます。

奥歯が白いと、前歯まで明るく、白くなり、表情が明るくなります。

黒ずんだ歯ぐきはメラニン色素が原因です。この黒ずんだメラニン色素をレーザーで除去し、本来のキレイなピンク色の歯ぐきに戻します。

メラニン除去前
メラニン除去後

セラミックの審美治療のプロセスで、歯がキレイになるに連れて、歯肉のくすみも気になったため、レーザーによるメラニン除去を行ないました。1回の照射で下の歯ぐきはキレイなピンク色になりました。

口内炎・粘膜病変

口内炎はそのままにしていても治りますが、痛みや苦痛を伴う場合は、レーザー照射により劇的に早く治ります。また、粘膜にできた病変の切除にも使用することがあります。