インプラント

Implant

インプラント治療ポリシー

インプラントとは、なんらかの原因により歯を失った、あるいはこれから抜歯が必要である場合に、その部分の骨内に、根っこに代わって人工の歯根を入れ、その上に被せ物を装着し、かみ合わせの回復を図る治療方法です。

インプラントは歯を失った場合の治療選択肢の一つですが、インプラント治療を選んだ場合は、現状もともと残っている自分の歯を守りながら、失った歯も取り戻す。
そのような治療計画のもとに進めていく治療です。

当院では、まずは治療によって歯を残す努力をすることが最優先であり、インプラント治療が必要な場合には、自分のもともとの歯と、機能的にも見た目にもバランスよく調和のとれた状態で共存していく治療を使命としています。

当院は、本来の生体の持つルールにもとづいて、理にかなったシンプルな治療を目指しています。

自分の歯との自然な共存

理想的な治療は、治療後に「自分の歯なのか、インプラントなのか見分けがつかないくらいの自然な状態で機能している」という状態です。

治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後

人間の生体には、骨・関節・筋肉・神経などが存在し、それぞれに自然の法則(ルール)があります。
その自然のルールに治療を合わせていくことで結果的に生態に調和したキレイで健康的・機能的な歯になります。

安全な治療計画と歯科用3Dによる診断

インプラント治療前後は、骨内の3次元的な診断が不可欠のため、CT検査による3D撮影を行ないます。

また手術に際して配慮すべき神経・血管・骨密度などの解析を行う診断ソフトを導入しており、目に見えて、お互いに安全・安心な治療を行なっております。

治療機器は、患者さんへの治療中の負担が少なくなるものを厳選し、各種取り揃えており、ケースによって使い分けています。

リスクとその対処法の説明

インプラント治療は、「骨」という生体の持つ機能を利用して一定の期間をかけながら行なっていく治療であるため、生体であるがゆえに起こりうる「変化」に遭遇することがあります。

メリットだけではなく、可能性という点ではリスクが存在するのは事実です。患者さん個人の体質・事情・背景によるリスクも存在します。

なので、事前に十分な情報収集を行ない、リスクを抽出し、そのリスクを回避するための具体的な努力と、リスクが発生した場合の具体的対処法についても、治療前・治療中に患者さん個人の持つリスクに対し、詳しくご説明させていただきます。

インプラント以外の治療選択肢についても同様に、ご説明をさせていただきます。 安心・安全な治療にしていくためには、事前にリスクについての深い理解は必要です。

インプラントのメンテナンスは絶対!必要

当院のインプラント治療は、今ある歯を守りながら、長期にわたり大切にお使いいただくことを重視したご提案をさせていただきます。

その中でも、治療中・治療後のメンテナンスは人工であるインプラントにとっては不可欠です。

定期的にメンテナンスにお越しいただくことで、炎症(インプラント周囲炎など)や不具合がないかを目視でのチェックをしたり、かみ合わせの確認や調整、必要に応じて、目視では確認できない骨の内部のレントゲン検査、周辺の歯の、自分では届かない歯周ポケット内のクリーニングなどを丁寧に行ないます。

また、セルフケアの方法も確認させていただき、より良くなるご提案もさせていただいております。

もっとも大切なことは、自分至上最高の「よい状態」を自分の意思で維持していくこと。
そのためには、医院でのメンテナンス・ご自身でのケアの両方が必要です。

諸費用について

Cost

各種クレジットカード・デンタルローンがご利用いただけます。
※審美治療は自由診療になります。

スマイルラインデンタルクレジット

36回まで分割手数料無料

デンタルローンは10万円以上のお支払い時に、36回まで無金利でご利用いただけます。

詳しくはこちら

医療費控除について

Medical Deduction

保健外治療であっても、医療費控除の対象となる治療もございます。
※デンタルローンやクレジットカードでのお支払いも医療費控除の対象となります。

国税庁サイト